2007年08月14日

珪藻土

「珪藻土(けいそうど)」って健康素材としてよく耳にしますね。

珪藻土は、藻の一種であるプランクトンが
200〜300万年前に堆積してできたものです。
セメントとほぼ同じ大きさの粒子の中に
無数の細孔があるため調湿性や断熱性などの
性能に優れています。

無垢の木肌のアクセントにもなり、調湿効果もある塗り壁。
建友ホームでお薦めしているのは、
珪藻土仕上材「ネオナチュール」です。
天然素材を原料にしていますので、
ホルムアルデヒド等の科学物質を含みません。
湿度が高いときは湿気を吸収し、
また低いときは壁内の湿気を放出してくれる、呼吸する壁。
タバコやペットの臭いを消す効果もあります。
hz[kenyu.jpg 





















ちょっとウンチク目
珪藻土が今日のように工業的に利用される契機として
ダイナマイトの発明があげられます。
ノーベル賞で有名なアルフレッド・ノーベルが
非常に不安定な液体であるニトログリセリンを
安全に取扱うために珪藻土粉末を使用したことは有名なお話です。
「ダイナマイト」の語源は「ダイアトマイト(珪藻土)」からきているといわれます。
また、生ビールの製造にも一役買っていて、
現在では最も優れた濾過助剤として食品工業をはじめ
多くの産業で使用されています。
posted by けんちゃん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然素材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5024906

この記事へのトラックバック